HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME> MCPC1級テキストまとめ

【MCPC1級】5-1モバイル端末の概要

そろそろMCPC1級の勉強もはじめたので、
そちらについてもまとめていこうと思います。

私は、1級で合格しなければならない3つの科目のうち、
「ネットワーク」は合格しているので、
残りの「端末・アプリケーション」「モバイルシステム」について
まとめていきます。

まずは「端末・アプリケーション」のさわりの部分から。
ジャブ程度の軽い内容です。


第Ⅱ部 端末・アプリケーション
第5章 モバイル端末関連技術
5-1 モバイル端末の概要


[1]モバイル端末とは

「モバイル」とは「移動できる、移動可能な」という意味で、
モバイル端末とは人間とともに移動できる端末である。


[2]モバイル端末の成り立ち

次の4つのモバイル端末を例に挙げ、
何を起源とし、どのように進化してきたか見ていくことで、
それぞれのモバイル端末の特徴を捉える。

 (1)携帯電話/PHS
 (2)PC
 (3)PDA
 (4)スマートフォン
 (5)その他


(ここでは、起源と特徴のみまとめる)

(1)携帯電話/PHS
携帯電話の起源:自動車電話
PHSの起源:コードレス電話

携帯電話やPHSはユーザ端末固有の電話番号が付与されている。
この番号はユーザがいる場所に関わらず同一のアクセス番号として使用され、
つまり、通信相手の居場所がわからなくても接続できる。

(2)(ポータブル)PC
PCの起源:コンピュータ

PCでの計算処理や情報処理を行える環境を、空間的に制約のない地域に拡張できる。

 ①移動先でも必要な情報を蓄積し、その情報を用いて情報処理を行うことができる。
 ②必要な情報がない場合でも通信手段を用いてデータベースにアクセスし情報を入手できる。
 ③ユーザから他の人々や装置に情報を送ることができる。

(3)PDA
PDAの起源:電子手帳

PCほどの情報処理力はないものの、ユーザの個人的な情報管理を簡易に行えるツール。
情報の格納や索引を効率的に行ったり、
内蔵される時計機能に関連させてスケジューラを自律的に稼動できる。

(4)スマートフォン
PDAと携帯電話の機能がひとつの端末に収容された高機能な携帯電話。
MCPCの定義「利用者が汎用的なオペレーティングシステム上で、アプリケーションを自由に追加して拡張機能やカスタマイズができる携帯電話およびPHS」
次の3つの形態に分けられる

 ①キーボード搭載型:QWERTYキーボードを搭載している
 ②PDA型:タッチパネルを具備している
 ③携帯電話型:携帯電話と同様のテンキーを具備している

(5)その他
・ページャ(無線呼出し) ← ポケベルのこと
・列車公衆電話
・船舶電話
・海事衛星通信(インマルサット)
・航空機公衆電話
・トランシーバ


コメント

今回は内容もそれほど難しくなく、あまり重要そうでない単元でした。
それでもあえて重要なポイントを挙げるとすれば、
それはスマートフォンの定義でなないでしょうか。

MCPCの定義によるとスマートフォンでは、
「アプリケーションを自由に追加して拡張機能やカスタマイズができる」ことが条件のようです。
つまり、QWERTYのようなフルキーボードを搭載しているだけでは、
スマートフォンとは呼べないようですね。

このMCPCの定義を満たせる端末はいまのところ、
「iPhone」かAndroidケータイの「T-Mobile G1」くらいでしょうか?
定義中の「自由に」がどれほどの自由度を示しているのかわかりませんが、


↓MPCP1級テキストもくじへ
【MCPC】関連記事へのリンク集



にほんブログ村 資格ブログへご声援ありがとうございます!

この記事のトラックバックURL

http://rhincodon.blog77.fc2.com/tb.php/80-227daaaf

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。