HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>読書

資格勉強のスタンス

たまに購読している「週間東洋経済」ですが、今週号は、
本誌にしては、少し変わった特集を組んでいたので買ってみました。

その特集記事のタイトルとは、
「劇的アップ「仕事力」勉強法」!!

本特集を読んで「資格の勉強」に対するスタンスについて
改めて、考えさせられました。


     東洋経済20090113号表紙

 「週間東洋経済」2009年01月17日号
 
 
「東洋経済」はその名の通り、経済関係の雑誌なので、
こういった「自己啓発系」の特集は珍しいです。


「東洋経済」の言い分としては、

「底の見えない経済危機の中、頼れるのは自分だけ!」

といった具合に、強引に経済に絡めてきています^^;


ま、それはさておき、
資格ブログの管理人としては、
放ってはおけない特集だったのです。


本特集では、仕事術や勉強法などの面で注目される
総勢29名の達人の「奥義」を披露しています。

私は10年近く資格の勉強をしているということもあり、
「勉強法」に関する本はけっこう読んできています。
本特集では、そんな私にとってはお馴染みの著者の方が、
何人かいました。


 「脳を活かす勉強法」の茂木健一郎氏
 「効率が10倍アップする新・知的生産術」の勝間和代氏
 「百ます計算」の蔭山英男氏
 「速読勉強術」の宇都出雅巳氏
 「レバレッジ勉強法」の本田直之氏の奥さん田島弓子氏
 などなど、、、



そういうこともあって、すでに読んだことある本の要約チックな
記事も多かったのですが、(それはそれで良し^^)
ビジネスマン向けに特化したアドバイスも多く掲載されていました。

その中で、何人かの方が共通して言っておられたことは、
「仕事を精一杯やりその中で学んでいこう」
といった感じことです。

さらにその中でも特に、心に突き刺さったメッセージは、小山龍介氏の

「学生時代のように教科書を一から読んで体系的に勉強しては時間の無駄である。ビジネスマンは、日々の業務でわからないこと、気になることを調べるだけで十分に勉強になるし、その方が効率的である」

というものです。


資格取得を目指した勉強はどうしても体系的になりがちです。

「業務に必要な資格を取ること」や、「新分野を勉強するために資格を目指す」、
そういった目的で資格の勉強をすることには大いに意義のあることと思います。
資格の勉強はモチベーションの維持にも大変に有効です。

けれども、意味もなく興味のある資格の「勉強」をすることは、
小山氏のメッセージの通り無駄が多い勉強法であると私も思います。
実際、私が資格の勉強で得た知識は役に立つものも多いですが、
それにもまして、やはり無駄になり忘れてしまっている知識が多いです。

ただ、私の場合、資格の勉強は「趣味」なんです。
ということで、これを勉強と捉えては危ういということですね。


資格の勉強は「勉強」とはせず、
「趣味」と割り切る!

「趣味」を堪能した分、
業務に関連した勉強をしっかりやっていく!



そんな気持ちで資格と係わっていこうと思います^^

本ブログは資格ゲットを目指す皆さんの
ご助力となれば幸いです☆


にほんブログ村 資格ブログへ
↑ブログランキング参加中です☆

この記事のトラックバックURL

http://rhincodon.blog77.fc2.com/tb.php/56-463a9954

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。