HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME> WCETテキストWEBOKまとめ

【IEEE WCET】WEBOK 4.3.6 Antenna Types

IEEE WCETのテキストWEBOKをまとめていきます。

まずは得意分野であるアンテナ・電波伝搬の分野から。


A Guide to the Wireless Engineering Body of Knowledge (WEBOK)A Guide to the Wireless Engineering Body of Knowledge (WEBOK)
(2009/04/13)
IEEE Communications Society

Amazonで詳細を見る


4 Radio Frequency Engineering, Propagation and Antennas
4.3 Antennas
4.3.6 Antenna Types


アンテナの分類方法
・周波数帯域幅:狭帯域、広帯域、超広帯域
・物理的形状:線状、リフレクタ、プリント基板、開口面
・指向性パターン:無指向性、高利得
・電気的サイズ:小型、大型
・動作モード:traveling wave, surface wave, guided wave
・scanning:non、機械的、電気的


線状アンテナ
線状アンテナの分類
・ループアンテナ
・ダイポールアンテナ
・折り返しダイポールアンテナ
・rhomboids(ひし形)アンテナ
・ロングワイヤアンテナ
・ツインラインアンテナ
・ヘリカルアンテナ
・これらのフェイズドアレーアンテナ

線状アンテナがよく使われる条件
・比較的低利得(2−3dBi)
・直線偏波
・無指向性
・モバイル通信

一般的な線状アンテナの特徴
・狭帯域(帯域幅:10ー20%)

広帯域の線状アンテナ
・八木宇多アンテナ
・ログペリアンテナ
・コニカルスパイラルアンテナ


開口面アンテナ
開口面アンテナの分類
・リフレクタアンテナ
・パラボラアンテナ
・レンズアンテナ
・スパイラルアンテナ
・flat panels
・frequency-selective surfaces(FSS)
・ホーンアンテナ

開口面アンテナがよく使われる条件
・中利得(3−20dBi)、高利得(>20dBi)
・衛星通信、レーダー、アンテナ測定、リレー


超広帯域アンテナ
なだらかに変化する構造や、自己相似構造、自己補対構造のアンテナとすることで周波数から独立した超広帯域アンテナを実現できる。
・バイコニカルアンテナ
・面状ログスパイラルアンテナ
・コニカルログスパイラルアンテナ


広帯域な開口面アンテナ
なだらかに変化する構造を組み込むことで広帯域化が可能
・クワッドリッジドホーンアンテナ
・インパルスラジオアンテナ


↓IEEE WCETテキストWEBOKもくじへ
【IEEE WCET】WEBOKまとめ記事リンク集


この記事のトラックバックURL

http://rhincodon.blog77.fc2.com/tb.php/371-1396d391

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。