HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME> WCETテキストWEBOKまとめ

【IEEE WCET】WEBOK4.3.2 Antenna Parameters

IEEE WCETのテキストWEBOKをまとめていきます。

まずは得意分野であるアンテナ・電波伝搬の分野から。


A Guide to the Wireless Engineering Body of Knowledge (WEBOK)A Guide to the Wireless Engineering Body of Knowledge (WEBOK)
(2009/04/13)
IEEE Communications Society

Amazonで詳細を見る


4 Radio Frequency Engineering, Propagation and Antennas
4.3 Antennas
4.3.2 Antenna Parameters


4.3.2.1 Input Impedance 入力インピーダンス

アンテナの入力インピーダンスは、一般的に377Ω(自由空間の特性インピーダンス)とは異なる値であり、アンテナの構造によって決まるものである。また周波数によって変化するものである。

アンテナ入力インピーダンスは、伝送線路の特性インピーダンスやRF回路のインピーダンスと整合を取る必要があるため、重要なパラメータである。整合は、インピーダンス変換器(整合回路)やバランなどを介して行う。整合が取れていない場合は、リターンロスが大きくなり、アンテナ利得やERP(Effectvie Radiated Power:放射効率)を下げることになる。


4.3.2.2 Size, Weight, and Power(SWAP)

ある無線システムにとっては、アンテナのサイズや重さ、消費電力(SWAP)が重要なパラメータとなる。それは特にモバイル機器や自動車、飛行機、衛星にアンテナを搭載する場合である。

動作周波数を固定とする場合、高い利得を得ようとするとより大きなアンテナが必要になる。
アンテナのサイズを固定とする場合、動作周波数帯の低域側では利得が低くなり、高域側では利得が高くなる。


4.3.2.3 Field and Power Pattern 放射パターン

通常、アンテナはある特定の方向に強い指向性を持っている。これのような放射パターンは3Dの球座標において、垂直方向角度θと水平方向角度φを変数として表すことができる。たとえば、正規化された電界の放射パターンは以下の2式で表される。

 4-3-2_1.gif
 4-3-2_2.gif

放射パターンはカラープロットの3Dかカット面の2Dにて表示される。2Dにおけるカット面はxy面,yz面,zx面で表されのが通常であり、xy面は特にH面と呼ばれる。

電力の放射パターンも電磁界における放射パターンと同様に表される。正規化された電力の放射パターンは以下の式で表される。

 4-3-2_3.gif

ここでSはポインティングベクトルであり、以下の式で与えられる。

 4-3-2_4.gif

放射パターンはシミュレーションまたは測定により求めることができる。


↓IEEE WCETテキストWEBOKもくじへ
【IEEE WCET】WEBOKまとめ記事リンク集


この記事のトラックバックURL

http://rhincodon.blog77.fc2.com/tb.php/363-2438cab9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。