HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>月刊テレコミュ

国内キャリアは土管屋に成り下がるのか?!

ケータイショップへ足を運んでみて驚くことは、いわゆるガラケーよりもスマホの方が購入料金が安いことです。これはインセンティブ制度がスマホを中心に復活しているということであり、各通信キャリア(ドコモやKDDIやソフトバンクなど)はガラケーよりもスマホを売っていこうという姿勢の表れだと言えます。

最近のこの傾向に私は違和感をおぼえずにはいられません。ガラケーにはi-modeをはじめとして通信キャリアが儲けられるプラットフォームが成立していますが、スマホは基本的にオープンプラットフォームであるため通信キャリアが介在する余地がないためです。例えばiPhoneは、国内ではソフトバンクから提供されいますが、それがドコモから提供されようと同様のiPhoneのサービスを受けることができるはずです。このような状況では、通信キャリアは通信回線だけを提供するだけで、普段は存在を意識されることの無い土管のようなものであることから「土管屋」と揶揄されています。

私の目から見ると、いまの国内通信キャリアは「加入者純増数」ばかりにこだわりスマホをばら撒くだけで、土管屋への道をひたすら突っ走ってるようにしか思えませんでした。

そんなとき、今月号の「月刊テレコミュニケーション」では、スマホが急成長する中での今後の通信キャリアの動向について特集が組まれていました。気になる内容だったので、ちょっとまとめておきます。


 [特集]
 スマートフォンで構造変化
 携帯3キャリアは
     こう動く!



 月刊テレコミュニケーション 2011年5月号


KDDIの場合

KDDIは独自のアプリマーケットプレースである「au one Market」を立ち上げた。au one Marketの配信サーバにアプリを登録することで、KDDIが独自の料金体系・審査基準でスマホ向けのコンテンツを展開できる。これに加えて、アグリゲータ事業を展開するベクターとトリワークスを通じて、個人が開発したアプリを登録する試みを行っている。

「課金の方法などAndroid Marketが十分に対応できていない部分を補強して、日本ユーザにとって身近かなコンテンツがAndroid上でも使えるようにした」「コンテンツプロバイダがEZWebで持たれている顧客基板をそのままAndroid上で活かせるしかけを作っていこうとしている」


ドコモの場合

ドコモも独自のアプリマーケットプレースである「ドコモマーケット」を立ち上げている。ただし、現状ではスマホユーザへの情報提供に軸足を置いたものとなっており、ビジネス基盤としての性格は薄い。ドコモマーケットがこうした位置づけとなったのは、これまでスマホとi-modeの担当部門が別組織となっており連携が取れていなかったことが一因だ。今春の組織改正で両者が一体化されたことで、スマホビジネスプラットフォームの整備を加速しそうだ。

「新しいデバイスのプラットフォーム上でもi-modeのさまざまな機能やコンテンツを継承しビジネス展開していきたい」


ソフトバンクモバイルの場合

独自のアプリマーケットを作ることは考えていない。ソフトバンクがスマホ向けコンテンツとして注力するのがメディア配信プラットフォームの自社展開だ。同社は雑誌・映像配信の「ビューン」や映像配信の「ムービーライフ」、コミック配信の「コミックライフ」を展開している。これらは月額170~450円と安価な料金で複数のコンテンツプロバイダが提供するメディアを利用できるものだ。

「1ユーザあたりのコンテンツプロバイダの収益は決して大きくないが、ソフトバンク自身が積極的に会員を獲得することでコンテンツプロバイダにもメリットのあるビジネスに育てていく」


私の所感

携帯キャリアが独自のプラットフォームを築く利点は次の3つがあると書かれています。

1.自社のネットワーク上で魅力あるコンテンツが展開されることで、サービスの利用価値が向上し顧客の獲得につながる
2.データARPU(ユーザあたりの平均収入)の増加が見込める。
3.課金プラットフォームの提供などで新たな収益が期待できる。

このなかで私が重要だと考えるのは3.です。1.と2.は土管屋としての収益を増やすだけであり、3.を成せたところで土管屋を卒業できるからです。

それを踏まえると、期待できるのはソフトバンクの動向です。プラットフォームの本質はユーザとコンテンツプロバイダを結びつける「場」を提供することですが、それはメディア配信の分野ではまだまだ未開拓であり「場」を作る余地が十分にあります。さらに月額課金で料金を徴収できれば安定した収益を得ることができます。

KDDIが目指しているものは、AppStoreやAndroidMarketの二番煎じではないでしょうか。i-modeのプラットフォームの戦略を徹底的に研究したといわれるAppleやGoogleのプラットフォームと同様に戦ってもいまさら勝てるとは思えません。せいぜいAndroidのサービスを利用しやすくするだけに留まり、それこそ土管屋としての仕事を果たすのみです。

ドコモはもう何がしたいのか、これを読んでもさっぱりわかりませんね。。

ドコモはiPhoneに加入者を取られることをおそれるあまり、ソニエリやサムスンのような海外製の端末を積極的に取り入れ、国内メーカとの協業モデル(i-modeプラットフォーム)を棄ててきました(これをソフトバンクがやるならわかります。通信キャリアが土管屋になればユーザ数は均衡に近づくはずなので、3番手としてはメリットがあります。ドコモの通信網は品質が良いので土管屋としても優れていると思われがちで、それは確かに正しいのですが、周波数の割り当て次第では如何様にもひっくり返る程度のことです)。しかも、ドコモは次期プラットフォームの構築にも着手できていなかったという有様です。

そのような中、私たちメーカも、今後は通信キャリアに依存しない独自のビジネスモデルを構築していく必要がありそうです。Appleのような垂直統合プラットフォームを国内メーカから誕生させたいものです。

この記事のトラックバックURL

http://rhincodon.blog77.fc2.com/tb.php/343-2865440e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。