HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>TOEIC

【iKnow!】はじめてみました

年明けの1月11日にTOEICを受ける予定です。

気がつけばもう1ヶ月を切っており、
「そろそろ本格的にTOEIC対策をはじめないといけないなぁ」
と思っていた今日この頃、

なにかと話題になっていた「iKnow!」を始めてみました。

「iKnow!」とは、英語の勉強ができるSNS型の学習サイトです。
「iKnow!」では、ネット上のアプリケーションを使って、
「語彙を増やす学習」や「ディクテーション(書き取り)」ができます。
それにSNSの要素を加えています。

と、私の持っていた「iKnow!」に関する情報はこれくらいでした。
「特に目新しいこともなさそうだし、SNSだからって何なんだ」
と思い敬遠していました。

そんな私が、どうして急に「iKnow!」を始めたのかと言いますと、
きっかけは出張で新幹線に乗っていたときのことです。


先日、出張があり、新幹線に乗ったのですが、
隣に座っていた女性が、なにやら仰々しい表紙の本を読んでいたんです。
黄色い派手な表紙に、人間の顔の断面図が描いてありました。
タイトルは「最強の記憶術」というものでした。

 ↓これ

最強の記憶術 暗記のパワーが世界を変える最強の記憶術 暗記のパワーが世界を変える
(2008/12/04)
アンドリュー・スミス・ルイスエリック・ヤング

Amazonで詳細を見る

この表紙が強烈に印象に残っていた私は、
出張から帰ってくるなり、この本について調べてみることにしました。

まだ、実際に読んではいないのですが、
どういう記憶術が書いているかというと、
調べた感じでは、

「脳が記憶するプロセスをきちんと理解した上で、
それにもとづいて効果的に学習をする」

といったことろでしょうか。
もう少し具体的に言うと、

1つは、最適なタイミングで復習する
早すぎても遅すぎても非効率だと言っています。

もう1つは、自分の脳がどれだけ記憶しているのかということを、
どれだけ自分自身で正確に認知しているかが重要だといっています。


私はこの記憶術に興味を持ちまして、
本書を読んでみようと思っているのですが、
「iKnow!」で使える学習アプリケーションが、
この「最強の記憶術」にもとづいて構成されているということなんです!



ということで、
「iKnow!」の語彙学習のアプリを試しにやってみたところ、
なにやら、妙なタイミングで前に出題された英単語の問題が出てきます。
これが最適なタイミングなんでしょうかね。

そして、学習の終わりには、
英単語の脳への定着率がパーセンテージで表示されます。

なるほど、「最強の記憶術」の通りだな、
と感心したんですが、

それ以上に感じたことは。。。

学習アプリが
ゲーム性があって楽しいんです!

これは、ちょっとしばらくはまりそうです^^

しかもこのサイト、かなり充実しているようですが、
無料 です!!

試してみる価値はありですよ☆


にほんブログ村 資格ブログへ
いつも応援ありがとうございます!

この記事のトラックバックURL

http://rhincodon.blog77.fc2.com/tb.php/32-8fb52c60

コメント

連続投稿で申し訳ありません・・・
かなり古い記事でしたが「iKnow!」ためしてみました!おもしろいですねー
最近の記事ではじんべえさんは持ち歩ける教材を中心に学習されているようですが、こちらはもう利用されないのですか?
あまり役に立たなかったというオチではないですよね?(笑)
iKnow!はいまはやっていませんねー。以前までは会社の昼休憩にやっていたのですが、SNSの類は会社からアクセス制限がかかってしまい、できなくなってしまいました。それ以来やってないです。

いまはiKnow!じゃなくてSmartなんとかに名前が変わっているようですね。

iKownは合間の時間にやるにはよかったですが、時間が取れるときはもっと効率の良さそうな勉強があるので、今はiKnow!やってないってかんじです^^;
詳細を教えて下さい。現在私はDUO3.0を黙読したりシャードーイングしたりしています。
しかし、頻度ややり方に問題があるのか単語数は思ったより伸びずに悩んでいます。

ちなみに私の場合は通学の合間行きと帰りの計30分、就寝前の1時間を暗記にあてています。また、朝起きて昨夜暗記したことを復習すると効果が高いような気がするのですが、朝は忙しくなかなか安定した時間確保ができません。

社会人であるじんべえさんは私よりさらに時間の制約があるとはずなのにどのようにしているのでしょうか?
申し訳ありません。何の詳細を希望したのかの主語がぬけていました。
私が詳細を希望したのはじんべえさんのコメントにある”もっと効率のよさそうな勉強”です。

また、一通りじんべえさんの英語学習方法は拝見させていただきました。
じんべえさんに比べるとずいぶん努力が足りていないことがわかりました。少し気を引き締めねばと思いました。
私もまだまだTOEICは勉強中でアドバイスできるような立場ではないのですが、できる限りお伝えします。

まず、単語強化についてですが、私もDUOを使っていましたよ。私は2.0ですけどねw
DUOはなかなか良いと思います。私はDUOを暗唱していました、レシテーションってやつです。寝る前に暗記して暗唱、朝起きてからまた暗唱といった感じです。

また黙読は、できるだけ音読に変えた方が良いと思います。目を使うだけより、口を使い、そして耳を使った方が効率良いです。通学は電車なのでしょうか?電車の中で音読が恥ずかしいのならマスクをするのがおすすめです。そうすれば口を動かしているのはばれませんし、小声でやれば人にも聞こえないでしょう。

それと、朝勉は必ずやった方が良いです。朝の目覚め時は「脳のゴールデンタイム」と呼ばれているくらいで、勉強の効率が格段に良いです。(これは、茂木さん著の「脳を活かす勉強法」や古市さん著の「朝30分を続けなさい!」など多数の本で述べられています) 朝は忙しくて安定した時間が取れないなら、夜は早く寝るようにして朝早く起きたらよいと思いますよ。私は夜にWBSというニュース番組が絶対見たいのですが、これを見ていたら朝早く起きれなくなってしまうので、WBSは録画して次の日の朝に見ています。そして録画を見るときは2倍速で見ます。時間短縮できた分、朝勉強できるというわけです。

(って、今日はもう25:30ですが^^;)

次に、効率の良い勉強法についてですが、私のおすすめは「TOEIC模試の音読」です。ここでポイントなのはある程度の時間を確保して、タイムアタックをすることです。いかに速く音読していくかということです。やはり勉強するときは「速く読むぞ」とか目的意識がある方が効率が良いです。はじめはリーディングセクションを30分以内に読めるようにしてみると良いと思います。そしてだんだんと読む量を増やしていくという感じです。慣れてくると1時間とかあっという間に過ぎるくらい集中してできるようになります。これでTOEICのリーディングセクションも時間に余裕を持って解けるようになります☆

さてここで提案があるのですが、Aliceさん、私と一緒に英語の勉強をしませんか?一緒に勉強するといってもやることは簡単です。ただ、一日の勉強時間を報告しあうだけです。これだけでもかなりのモチベーション維持になりますよ。これは50kgダイエットに成功した岡田斗司夫さんが用いた方法です。(岡田さん著「いつまでもデブと思うなよ」参照) ダイエットだけでなく勉強にも応用できます。

どうでしょうか?^^
朝勉強するのはやはり効果的なんですねー
提案のお返事はもちろんおkです!刺激は多い方が遣り甲斐になりますから!
次のTOEICまでは57日でしたっけ?お互いがんばりましょう!

あと一陸技はよく見ると参考書の表紙にも書かれていました、お恥ずかしい・・・
わざわざご指摘いただきありがとうございました。

では、寝る前に英語の勉強時間を報告しますねー^^
さきほどのコメント以降から計測して本日は1時間と30分学習しましたー

シャードーイングが1時間、リスニングが30分といったところです。
英語は他に優先順位を取られがちで後手ごてにしてきたので3日坊主にならないようにがんばっていきたいと思います!
Aliceさん、ご承諾&ご報告ありがとうございます!
ブログで報告しあうのは記録性に乏しい気がしますので
他の方法で行いましょうか。

SNS上で出来たら良いかなと思いますが、
mixiか何かSNSのアカウントはお持ちではないでしょうか??

以降のやりとりはとりあえずメールで行いましょう。
下記のメールアドレスにご連絡ください。

passion.bari3☆gmail.com
※「☆」は「@」に変えてください

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。