HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>携帯電話のアンテナの話

iPhone4アンテナ問題について

そろそろホトボリも冷めてきた(?)ので
私もiPhone4のアンテナ問題について少し語っておきましょー。

私はiPhone4の発売前に「アンテナ大丈夫か?」
というニュアンスのブログを書いていました。

↓これ: iPhone4のアンテナが気になる!
http://rhincodon.blog77.fc2.com/blog-entry-280.html

アンテナを端末の外に出すと、手で持ったときに
感度が悪くなるのはアンテナ設計者の常識です。

なので私は、下側のアンテナ部分を触ると
別の部分がアンテナになるような構造になっていると
予測していたのですが。

いざ発売し、分解してみても
そんな構造もなく、本当に外側の金属をアンテナとして
用いているだけでした。これは酷い。。

(こんな浅はかなアイデアは私が入社当初に提案し、
 そっこうで却下されていますw)

そして案の定、
今のようなアンテナ問題へと発展しているということです。

appleの技術責任者も引責しましたね。。



ジョブズさんは当初、
このアンテナ問題は全てのスマートフォンで起こりうる問題だ
と言っていました。

確かに、スマートフォンは端末の下側にアンテナが
配置される場合が多く、端末の下側を触ると感度が悪くなります。

しかしながら、iPhone4は感度の悪くなる度合いが
半端ではありません。

ふつうのスマートフォンを手で触った場合、
感度はせいぜい2分の1から、悪くて10分の1くらいに
なる程度でしょう。

iPhone4の場合は、これが
100分の1から、最悪1000分の1くらいに
感度が悪くなっています!

これは私が測定した結果でもありますし、
日経エレクトロニクスでの調査結果もこんなものでした。

(日経エレクトロニクスのiPhone4アンテナ問題の記事は
 後日まとめてブログにアップします。) 



なぜappleこのようなアンテナを設計してしまったのでしょうか?

おそらくappleでは、
デザイングループの力が強すぎるのではないかと思います。

つまり、周囲を金属で囲ったデザインが前提であり
アンテナ開発グループは、ただそれのアンテナを作れと言われたと。

こうなると、アンテナを内蔵化した場合
周囲を金属で囲まれ、アンテナ特性は全く取れなくなるでしょう。
それで仕方なく、その周囲の金属そのものをアンテナにした、
という流れだと推測します。


うちの会社は技術の意見が強めなので
アンテナ特性が取れないこんなデザインは許されませんw

と言いますか、こんなアンテナ作ると
通信キャリアさんにも怒られますね^^;



iPhone4でアンテナ問題を解決するには
appleも主張しているようにケースを取り付けることです。
これで普通のスマートフォン並になります。

これは、要は
通常通りにアンテナが内蔵化されたのと同じです。
それだけ端末の体積が増えていることになるんですよね。

他のメーカがiPhone4並に薄い端末を作れないのは
アンテナ特性をちゃんと取っているからなんです。



ケースの無料配布も開始されましたね。

私はiPhone4の分解直後にケースを買っていたので
返金をしてもらいたいのですが、
どうやらレシートを持ってないと無理のようです。
そんなのもう捨てましたよ。。

シャクなので、どうせただなら
私が買ったケースより高いケースを注文してやりました!
発送は3~5週間後らしいです。

まぁー、楽しみに待っておきます^^;


最後に言っておきますが
私はiPhone4好きです!

ケースをつければ他のスマホと
アンテナ特性は変わりません。

みんな、ちょっと気にしすぎ^^;

この記事のトラックバックURL

http://rhincodon.blog77.fc2.com/tb.php/295-0ca45a71

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 勉強になります
dezamonさん
メッセージありがとうございます!そう言っていただけると、本当に嬉しいです!

もちろんデザイナー側との葛藤もあるんですけどね、アンテナ特性が良い携帯電話よりデザインが良い携帯電話の方が私も好きなので、なるべく協力するようにしてるんですよw

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。