HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日経エレクトロニクス

【NE】2010年01月25日号-「スマートフォン大競争」

今日もよーそろ、じんべえです!

日経エレクトロニクスの特集に、スマートフォンがコモディティ化するという
なかなか衝撃的な記事が掲載されていました。
そのコモディティ化っぷりは、中国ではびこるニセケータイ「山寨機」と
同じような状況になるとまで言っています。

まぁ、Androidのようなオープンプラットフォームが浸透すると
価格競争が起こるとまでは予測してましたが。。
スマートフォンまでもがコモディティ化、ましては「山寨機」とまで言われると、
このままケータイ端末メーカで働いていて良いのかと思えてきました^^;

真剣にキャリアを考えるべきですね。

まー、それはさておき、
本特集のポイントをまとめておきます。

特集
スマートフォン大競争


 ne20100125.jpg

 [NE2010年01月25日号]


もくじ

世界でコモディティー化する高機能端末
最新スマートフォン図鑑

【第1部:新しいルール】
誰もが作るスマートフォン、価格低下の波を越えて

【第2部:端末の将来像】
標準品を使いこなし、新たなユーザ体験を目指す



携帯電話機の開発形態

(1)端末メーカの独自プラットフォームを利用
 →iPhone
(2)携帯電話事業者が主体となって開発
 →日本のケータイ
(3)オープンなプラットフォームを利用
 →Androidケータイ
(4)オープンなプラットフォームを携帯電話事業者の独自のサービスにあわせて拡張
 →中国移動のOPhone


iPhoneが開けた扉

Apple社はiPhoneで携帯電話機市場に様々な新しい常識を持ち込んだ。Apple社のブランドで販売し、コンテンツやアプリのオンライン販売も同時に手掛ける。そして、各国の携帯電話事業者向けのカスタマイズは最小限に済ませ、ハードウェアとしては同じ製品を世界中に出荷する。

「iPhoneをタッチパネルで操作する快適なユーザインタフェースを備えた端末と捉えると本質を見誤る。端末の売り方、コンテンツやアプリのオンライン販売といったビジネス全体をきちんと設計しているところに強みがある」


高機能なのに安くなる

Androidのような標準的なソフトウェア・プラットフォームの整備が進み誰もがスマートフォンを開発できる環境となった。こうした環境はスマートフォンへの新規参入者を増やし、熾烈な価格競争を促す。つまり、スマートフォンだから高く売れるという時代はまもなく終わる。

これからの時代を暗示しているのが、「山寨機(シャンジャイジ)」が大量に流通する中国の携帯電話市場である。中国で売られている端末のほとんどは台湾Media Tek Inc.のチップセットとソフトウェア・プラットフォームである。筐体の形と載せているアプリが少し違うだけだ。Androidなどのプラットフォームが普及した後は、それと似たことが起こるだろう。


スマートフォン時代の覇権を勝ち取るための方針

(1)量産規模とスピードを追求して、標準プラットフォームをほぼそのまま採用した端末を安価に製造しなるべく多くの国に供給する。

(2)世に存在する標準的な部品やアプリを活用し中身は同じスマートフォンであっても見た目や使い勝手が大きく異なる端末を効率よくつくり分ける。


コーディネート力の勝負に

今後の競争では、ソフトウェア・プラットフォームの違いは主軸ではない。
端末と、コンテンツやアプリの提供といったサービスを含めた全体を、ユーザに向けてコーディネートする力の勝負になる。
それぞれの市場に向けて、端末やサービスでどんなユーザ体験(UX:User Experience)をもたらすか。こうした開発目標を徹底的に考え既存の部品を組合わせて効率よく作る。そうした体制を築いた端末メーカが世界各国の市場で大きな存在感を発揮するだろう。


↓NE最新号の他の記事の内容はこちら。定期購読もできます


この記事のトラックバックURL

http://rhincodon.blog77.fc2.com/tb.php/234-d84b84df

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。