HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>携帯電話のアンテナの話

ワンセグアンテナ P-01Bはホイップ、F-01Bは内蔵!

まず謝っておきます!
ごめんなさい!

前のブログで、ドコモの2009年冬モデルで
P-01Bのワンセグアンテナは内蔵アンテナ、
F-01Bのワンセグアンテナはホイップアンテナと
書いてしまったのですが、間違っていました!


本当に申し訳ありません。


まず、P-01Bについてですが、
もっと正確に言うと、P-01Bのワンセグアンテナとしては
ホイップアンテナと内蔵アンテナの2つが搭載されています。
これまでのWオープンの端末が全て
ワンセグアンテナは内蔵だったので、
P-01Bも内蔵アンテナだけだと思い込んでいました。

今日、量販店にドコモの2009年冬モデルを見に行ったのですが、
P-01Bがホイップアンテナが付いていてびっくりしました。。


P-01B_ホイップアンテナ


ではなぜ、これまで内蔵にしていたWオープンの端末で
ホイップアンテナに変えてきたのでしょうか?
一般ユーザーから見たらグレードダウンしてるように見えますね。

以前のブログでも紹介したのですが、
端末を開いた状態でしかワンセグが見れない機種では、
(例えば、普通の折りたたみ式やWオープンのケータイ)
筐体ダイポールという内蔵アンテナを採用することで
良好なワンセグ感度を実現することができます。

ですので、本来ならばWオープンのP-01Bで
ホイップアンテナを採用する必要なないように思えます。

しかしながら、このことを考慮すれば、
P-01Bが内蔵アンテナをやめた理由は簡単にわかるんです。


 つまり、P-01Bでは、
 閉じた状態でもワンセグが見れる仕様になったという訳です。


P-01Bでは背面に大型液晶を搭載しており、
これにより閉じた状態でもワンセグが見れるようになっています。

閉じた状態では筐体ダイポールはうまく動作せず、
Pでさえホイップアンテナを採用せざるを得ないのですね。



次にF-01Bについてです。
前のブログでF-01Bはホイップアンテナだと書きましたが、
これも間違っていました。

今日、量販店でモックを見たらホイップアンテナは付いていませんでした。
ふつうに見間違えていました。。申し訳ありません。

F-01Bのワンセグアンテナは内蔵アンテナです。


いやー、しかし、

Pでさえ、閉じた状態でワンセグ見るなら
内蔵していたアンテナを外に出してくるというのに、
Fは回転2軸の端末で、また内蔵アンテナを採用したんですね。。

これではF-01Bのワンセグ感度も期待できませんね。
おそらく、不評のF-01Aと同等のワンセグ感度でしょう。


人気ブログランキングへブログランキング参加中です☆

この記事のトラックバックURL

http://rhincodon.blog77.fc2.com/tb.php/207-bfbb73fe

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。