2013年05月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2013/05/13 【IEEE WCET】WEBOK 4.3.7 Phased Arrays
  3. 2013/05/11 【IEEE WCET】WEBOK 4.3.6 Antenna Types
  4. 2013/05/10 【IEEE WCET】お試し受験してきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IEEE WCET】WEBOK 4.3.7 Phased Arrays

IEEE WCETのテキストWEBOKをまとめていきます。

まずは得意分野であるアンテナ・電波伝搬の分野から。


A Guide to the Wireless Engineering Body of Knowledge (WEBOK)A Guide to the Wireless Engineering Body of Knowledge (WEBOK)
(2009/04/13)
IEEE Communications Society

Amazonで詳細を見る


4 Radio Frequency Engineering, Propagation and Antennas
4.3 Antennas
4.3.7 Phased Arrays


アンテナのビームを走査する方法には機械的な方法と電気的な方法がある。

機械的に走査する方法では、アジマス(方位角)方向に回転する台座上の開口面アンテナを用いる。多くの場合はエレベーション(仰角)方向にも可動するようになっている。
電気的に走査するアンテナはフェーズドアレーアンテナまたは単にフェーズドアレーと呼ばれる。

一般的なフェーズドアレーは、規則的に配置された複数の同一のアンテナ素子から構成される。
リニアフェーズドアレーでは、アンテナ素子はλ/4からλ/2の等間隔で直線上に配置され、アンテナ素子が配列された方向のみ走査が可能である。
フラットパネル(2D)フェーズドアレーでは、各アンテナ素子が同一平面上において格子状に配列され、2次元的に走査が可能である。

フェーズドアレーにおいて、それぞれのアンテナ素子には異なった振幅と異なった位相の信号が給電される。
振幅でサイドローブの大きさを制御し、位相差でメインローブの方向を制御する。

各アンテナ素子の配置間隔の距離は重要なパラメータの1つである。
配置間隔が1波長を超えると、グレーディングローブ(メインローブとほぼ同レベルの不要なサイドローブ)を発生させてしまう。

アレイファクタは、フェーズドアレー全体の指向性において、振幅と位相差を選択することで決定される部分である。
各アンテナ素子が同一の場合は、全体の指向性は各アンテナの指向性のアレーファクタを掛け合わせることで得られる。
各アンテナ素子が異なる場合は、全体の指向性は各アンテナの遠方界の電界の重ね合わせで得られる。


↓IEEE WCETテキストWEBOKもくじへ
【IEEE WCET】WEBOKまとめ記事リンク集


スポンサーサイト

【IEEE WCET】WEBOK 4.3.6 Antenna Types

IEEE WCETのテキストWEBOKをまとめていきます。

まずは得意分野であるアンテナ・電波伝搬の分野から。


A Guide to the Wireless Engineering Body of Knowledge (WEBOK)A Guide to the Wireless Engineering Body of Knowledge (WEBOK)
(2009/04/13)
IEEE Communications Society

Amazonで詳細を見る


4 Radio Frequency Engineering, Propagation and Antennas
4.3 Antennas
4.3.6 Antenna Types


アンテナの分類方法
・周波数帯域幅:狭帯域、広帯域、超広帯域
・物理的形状:線状、リフレクタ、プリント基板、開口面
・指向性パターン:無指向性、高利得
・電気的サイズ:小型、大型
・動作モード:traveling wave, surface wave, guided wave
・scanning:non、機械的、電気的


線状アンテナ
線状アンテナの分類
・ループアンテナ
・ダイポールアンテナ
・折り返しダイポールアンテナ
・rhomboids(ひし形)アンテナ
・ロングワイヤアンテナ
・ツインラインアンテナ
・ヘリカルアンテナ
・これらのフェイズドアレーアンテナ

線状アンテナがよく使われる条件
・比較的低利得(2−3dBi)
・直線偏波
・無指向性
・モバイル通信

一般的な線状アンテナの特徴
・狭帯域(帯域幅:10ー20%)

広帯域の線状アンテナ
・八木宇多アンテナ
・ログペリアンテナ
・コニカルスパイラルアンテナ


開口面アンテナ
開口面アンテナの分類
・リフレクタアンテナ
・パラボラアンテナ
・レンズアンテナ
・スパイラルアンテナ
・flat panels
・frequency-selective surfaces(FSS)
・ホーンアンテナ

開口面アンテナがよく使われる条件
・中利得(3−20dBi)、高利得(>20dBi)
・衛星通信、レーダー、アンテナ測定、リレー


超広帯域アンテナ
なだらかに変化する構造や、自己相似構造、自己補対構造のアンテナとすることで周波数から独立した超広帯域アンテナを実現できる。
・バイコニカルアンテナ
・面状ログスパイラルアンテナ
・コニカルログスパイラルアンテナ


広帯域な開口面アンテナ
なだらかに変化する構造を組み込むことで広帯域化が可能
・クワッドリッジドホーンアンテナ
・インパルスラジオアンテナ


↓IEEE WCETテキストWEBOKもくじへ
【IEEE WCET】WEBOKまとめ記事リンク集


【IEEE WCET】お試し受験してきました

今日もよーそろ、じんべえです!

先日、WCET検定を受験してきました!

WCETとは、Wireless Communication Engineering Technologies Certification Programを意味しており、
IEEEが認定している無線技術者(モバイルエンジニア)向けの国際資格検定です。
なのでもちろん問題文はすべて英語です。
合格するとWCP(Wireless Communication Professional)という資格がもらえます。
いわゆるCBT(Computer Based Testing)の試験であり、試験会場にてPC上で受験します。

わりと新設の資格なため、IEEEというビッグネームにもかかわらず
まだ世界中で120名程度の合格者しかいないそうです。


さてさて、今回はお試し受験であり、おそらく不合格だろうということで
次の受験のためにも受験の感想として備忘録をまとめておきたいと思います。

まず案の定、試験時間がめっちゃ長かったです。そして問題数が多いです。
WCETは4時間で165問に答えるというなかなか鬼畜の試験です。
240分だから一問につき1分はかけられますが、2分はかけられません。
計算問題が結構あるので、じっくり計算してると時間が足りなってしまいます。
あらかじめ計算問題に慣れておく必要がありますねえ。
回答をしてない問題には後から戻れるので(回答していない問題だけを表示できるので)、
計算問題は後回しにするのもありかも。

また、論述式の試験ならまだしも、すべて選択問題であるため、
3時間経過したあたりからさすがに集中力がなくなってきました。
計算問題に時間を掛けすぎたせいで、時間も足りなくなり、
焦りも加わって問題文の英語が理解できなくなってしまいました。
あまり英語が得意でないなら模試などを受けて英語の問題文に慣れておいた方が良いですね。

長時間の試験ですが、途中退出してトイレに行ったりすることは可能でした。
ただしその間、時計は止まることは無く、試験時間は経過していきます。
しかもセキュリティが妙に厳重で試験会場を入退出するのにも
荷物チェックや指紋認証などの手続きがあるため結構な時間をロスしてしまいます。
できればトイレにはいかない方が良いです。

試験前にトイレに行った方がいいですが、
できれば試験の受付をする前にトイレに行っておいた方が良いですね。
私の場合は受付後あれよこれよという間に試験会場に入室させられ、
あっという間にPCの前に座らされてしまいました。
試験は自分のタイミングで始められるのですが、
退室してトイレに行こうとすると例の入退室手続きをしないといけないので面倒いです。

試験内容については、モバイルの端末側とネットワーク側でいうと
ネットワーク側の問題が多いですね。
同じモバイルエンジニア向けのMCPCのモバイルシステム技術検定は
どちらかというと端末側の試験なので、MCPCを取っているからといって楽ではないです。
端末メーカ勤めの私にとっては厳しかったですねえ。

あわよくば勉強しなくても受かるかなあと思ってましたが、甘かったです。
次回はちゃんと勉強してぜひ合格したいですね!!

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。