2010年03月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2010/03/30 国内メーカ初!Android端末発表!
  3. 2010/03/29 ソフトバンクオープンDAY!Android端末のDesire発表!
  4. 2010/03/28 アンテナ開発者の立場からSIMロック解除にモノ申す!
  5. 2010/03/27 セパレートケータイ発売!
  6. 2010/03/24 Androidラッシュ!
  7. 2010/03/23 新幹線のトンネルでケータイが使えるように!
  8. 2010/03/18 Xperia発売日決定!
  9. 2010/03/16 技術士二次試験、選択科目は何を選ぶか?
  10. 2010/03/12 ウィルコム、XGPを手放す!
  11. 2010/03/09 アクセス倍増のわけ?!
  12. 2010/03/07 「ガラパゴス」から脱却するには?!
  13. 2010/03/06 ITパスポートいきなり過去問!
  14. 2010/03/05 ITパスポートのテキスト入手!
  15. 2010/03/01 MCPCモバイルシステムコンサルタントの受講資格

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内メーカ初!Android端末発表!

今日もよーそろ、じんべえです!

auより、待望の国内メーカ初のAndroid端末が発表されましたね!
(ソニエリは国内メーカじゃないとして)

その名も「IS01」!シャープ製です。


IS01.jpg


これは。。


でかい。。


これって、ケータイじゃないですね。
ちょっと思ってたのと違いました^^;

スマートフォンとネットブックの中間的存在、
スマートブック、だそうです。

いわゆるMID(Mobile Internet Device)ってやつですかね。

シャープはNetwalkerとか、この手のやつに力を入れているみたいです。

まぁ、ブログ書いたり、Twitterするには便利そう。
使い方によっては重宝できるかも。。


あー、Xperiaどうしようかなー、買うかなー。

スポンサーサイト

ソフトバンクオープンDAY!Android端末のDesire発表!

今日もよーそろ、じんべえです!

本日(3/28)お昼に行われたソフトバンクオープンDAYは
けっこう見ごたえがありました!

Ustreamでの生放送だったけど
かなりのライブ感でしたなー、
初めて体験しましたよ、UST。

そんなソフトバンクオープンDAYでは
なかなか衝撃的な発表がいくつかされましたね!

まずは、Android端末「HTC Desire」の発表です!


 HTC Desire


いつもなら日曜は更新されない「ITmedia」も
この関係で更新されていました!

 【ITmedia】
 ソフトバンク、Android 2.1搭載の「HTC Desire」を4月下旬に発売

この時期、Androidといえば
ドコモから発売されるソニエリの「Xperia」ですが、
「Desire」は後発ということもあり
Androidのバージョンなどの点でXperiaより優れていそうです。

まぁ、私はXperiaの方がカッコイイので好きですけどもね^^


そして、
ソフトバンクオープンDAYでのもう1つの衝撃発表が
基地局倍増宣言です。

2010年度中に基地局を倍増し電波状況を改善するということです!

 【Softbankプレスリリース】
 ソフトバンク電波改善宣言


これでiPhoneの電波の入りも少しは良くなるのかと思いましたが、
もし、

この度Softbankに割り当てられた1.5GHz帯の基地局が増えるだけ

というのだったら
2GHz帯にしか対応してないiPhoneの感度は良くなりませんよね^^;


孫社長は、電波の悪い場所をTwitterから受け付ける
とも言っていましたので、そんなこともないのかと思いますが。。


ともかく、Softbankのさらなる飛躍を期待しています!

 

アンテナ開発者の立場からSIMロック解除にモノ申す!

今日もよーそろ、じんべえです!

総務省が携帯電話のSIMロック解除を要請するという動きがあるそうです!


 【YOMIURI ONLINE】
 携帯端末、全社対応型に…総務省が制限解除要請へ


記事の内容を読む感じでは、どこまで信憑性があるかわかりませんが。。

例えば、SIMロック解除の対象は
2010年末に発売される次世代携帯電話とありますが、
次世代携帯電話って何のことでしょうか??

LTEのこと?
それだったら、2010年末にはまだ発売されないでしょ^^;


ともかく、SIMロック解除に関しては
いろいろ言いたいことはありますが、
ここでは、携帯電話のアンテナ開発者の立場として見解を述べておこうと思います。


まず、SIMロック解除するには
通信に使用する周波数帯をキャリア間で共通にした方が良いですね。


どういうことかというと、
例えば、キャリアによって使っている周波数帯が異なる現段階で
SIMロック解除するとどうなるかということを述べてみます。

現状では、
ドコモではセルラー用の通信に
800MHz帯,1.7GHz帯,2GHz帯の3バンドを使っていますが、
ソフトバンクではセルラー用の通信には
2GHz帯の1バンドのみしか使っていません。

つまり、ソフトバンクの携帯電話には基本的に
800MHz帯用のアンテナは搭載されていないと言うことです。

(これはソフトバンクの携帯電話がドコモやauの端末と比べて
 スリムにできる所以でもあります)

なので、ケータイ本体はデザインの好きなソフトバンクで買って
通信は通信品質の良いドコモにしようと思っても、

800MHz帯を使っているドコモのエリアでは
ソフトバンクの携帯電話は基本的に使えないと言うことです。
(800MHz帯のアンテナが入ってないので!)

900MHz帯のGSMに対応しているソフトバンクの携帯電話なら
なんとかドコモの800MH帯の電波が拾えるかもしれませんが、
それでもGSM帯用のアンテナなので十分な性能を発揮できません。

これでは、通信品質の良いと思っていたドコモを選んだつもりなのに
まったく通信品質が確保できないと言う本末転倒な状況になります。


よって、SIMロック解除を行うなら
LTE導入にも合わせてきちんと周波数帯の共通化をすすめてほしいです。

また、世界の携帯電話の周波数帯とも共通にすべきでしょう。

でないと、せっかくSIMロック解除して海外で使えるようにしても、
海外では通信品質の悪い携帯電話となってしまいかねません。


SIMロック解除をするには、色々な側面から検討する必要がありますが、
うまい具合に対策できるよう頑張ってほしいものです。

セパレートケータイ発売!

今日もよーそろ、じんべえです!

Xperiaの影に隠れて、すっかり忘れていましたが、
世界初のセパレートケータイF-04Bが発売されましたね!


F-04B.jpg


まぁ、セパレートケータイというか、
テンキーやQWERTYキーを取り付けられる
ストレートタイプのケータイとも解釈できますが。。

その分、キーとドッキングしたときは分厚くなりますよね^^;

そんなセパレートケータイですが、
果たして売れているんでしょうかね??

Xperiaももうすぐ出ますし。。

来週の携帯販売ランキングが気になります^^

Androidラッシュ!

今日もよーそろ、じんべえです!

Android端末の発表が相次いでます!

SamsungはAndroidスマートフォン「Galaxy S」を発表しました。
HTCはWiMAXが搭載されたAndroidスマホ「EVO」を発表しました。

国内メーカでは、京セラがAndroidスマホ「ZIO」を発表です。

いずれも国内での発売は未定っぽいですが、
Xperia発売前にAndroid端末が盛り上がってますね!

WiMAX対応Androidなんてのも出てきたし、
Xperiaの購入はもう少し待ってみようかな。。


なんてイノベーター精神の無い顧客なんでしょうか、私は^^;

新幹線のトンネルでケータイが使えるように!

今日もよーそろ、じんべえです!

新幹線のトンネルの中でも、ケータイが使えるようになります!

 【ITmedia】
 携帯キャリア4社、山陽新幹線トンネル内のエリア化を発表

これはありがたいですねぇー。

山陽新幹線はトンネルだらけですからねぇ。

広島に帰省するときに新幹線を使っていて、よく困ったものですよ。

便利になりますね^^


そのうち、トンネルでもワンセグなんかも見れるように
なったりするかもしれませんね☆

Xperia発売日決定!

今日もよーそろ、じんべえです!

ついにXperiaの発売日が発表されましたね!


 4月1日の発売ですよー!!


もうすぐですね!

そして、発売に先立ち、ドコモショップでも本日から予約が開始されました!
購入予定の方はお早めにどうぞ☆

先ほど近所のドコモショップを覗いてきましたが
すでに数件の予約が入っているとのことでした!

Xperia大人気の予感です!

私もXperiaほしいんですよねー。
何よりかっこいいものー、Xperia。
デザイン、大事です^^

しかし、どうせAndroidを買うんだったら
QWERTYキーボードの付いたやつがほしいんですよねー。
そんなAndroid端末出ませんかねー。

SankeiBizによると、
近日、auがGoogleと新商品を発表するそうなんです。

絶対Androidでしょ!!

期待ですね^^

技術士二次試験、選択科目は何を選ぶか?

今日もよーそろ、じんべえです!

そろそろ技術士二次試験の申込みが開始されます。
それまでには筆記試験の選択科目を、
何を選択するか決めておかなければなりません。

私が受験しようとしている技術士の電気電子部門では
選択科目は次の5つに分けられ、
この中から1科目選択することになります。


 ・発送配変電
 ・電気応用
 ・電子応用
 ・情報通信
 ・電気設備



ただし、この中から好きなものを選んで良いわけでなく、
自分が従事している(していた)業務の分野から選ぶ必要があります。

というのは、筆記試験のあとに
「技術体験論文」というものを提出する必要があり、
その論文のテーマと選択科目の分野が一致している必要があるからです。


そして、私はいま、
自分の従事している分野がどの選択科目に相当するのか
いまいち悩んでいるんです。


私は現在、携帯電話のアンテナの開発に従事しています。

これは、「電子応用」か「情報通信」のどちらかに
相当すると思うのですが、うーん、どっちなんでしょ。。

得意なのは確実に「情報通信」なのですが、
アンテナ開発は「電子応用」になる気もします。。


ということで、
それぞれの「選択科目の内容」をさらに調べてみました。


【電子応用の内容】
高周波,超音波,光及び電子ビームの応用機器,電子回路素子,電子デバイス及びその応用機器,コンピュータその他の電子応用に係るシステムに関する事項
計測・制御全般,遠隔制御,交通管制,無線航法などのシステム及び電磁環境に関する事項
半導体材料その他の電子応用及び通信線材料に関する事項


【情報通信の内容】
有線,無線,光などを用いた情報通信技術(公衆ネットワーク,専用・企業ネットワーク,国際通信ネットワーク,コンピュータネットワーク,インターネット,伝送システム,アクセスシステム,通信線路,地上固定無線通信,移動通信,衛星通信,放送,ケーブルテレビ,音声情報通信,画像情報通信及びマルチメディア通信を含む)に関する事項
情報通信ネットワーク全般の計画,設計,構築,運用及び管理に関する事項



これを見る感じでは、アンテナ開発は
情報通信の内容にある、無線を用いた情報通信技術に相当しないでもないですが。。

もう少し過去問とか調べてみて決めることにします^^;

ウィルコム、XGPを手放す!

今日もよーそろ、じんべえです!

ウィルコムの再生支援についての枠組みがついに決定しましたね!

 【ケータイWatch】
 ウィルコムが会社更生手続き開始、XGP事業は別会社に

企業再生支援機構とAP(アドバンテッジパートナーズ)ファンドとSoftBankが支援することになりました。
4社間でウィルコムの再生支援に関する基本合意書は以下の通りです。

 1.ウィルコムはPHS事業を継続し、APファンドは、ウィルコムに対し出資する
 2.ソフトバンクは、ウィルコムのPHS事業におけるコスト削減について協力をする
 3.企業再生支援機構はウィルコムに対し、再生のため必要な資金を融資する
 4.APファンドとソフトバンク等は、ウィルコムのXGP事業を譲り受ける
 5.新会社は、基地局ロケーションを譲り受ける。ウィルコムは、
  当該ロケーションを共用しコストシナジーを図る


少々複雑な支援関係となっていますが、
下の図を見ればその関係がよく分かります。


willcom再生


驚いたことに、
ウィルコムは次世代PHSであるXGPの事業を手放すようです。
XGP事業はAPファンドとSoftBankが出資する新会社に受け継がれます。

ウィルコムにとって唯一の希望かと思えたXGPを手放す羽目になるとは
ウィルコムの今後の成長ヴィジョンはどうなるのでしょうか??
 
PHS事業は継続的に行っていくようですが、
PHSは医療業界などに安定した需要があるとはいえ
成長分野とは思えません。

新会社はウィルコムに対しVMNO形式でXGPを提供する可能性もありますが。。

今後の動きにさらに注目ですね!

SoftBankがどうXGPを立ち上げていくかにも期待です!

アクセス倍増のわけ?!

今日もよーそろ、じんべえです!

最近、うちのブログのアクセスが急増しています!
1ヶ月前と比べたら倍増ですよ!

何が理由でこんなに急増しているのか、
ちょっとアクセス解析してみたんですが、

どうやら、「experia」で検索して、うちへくる方が圧倒的に多いようです。

「experia」と言えば、このたびソニーエリクソンから発売される
Androidのスマートフォンですよ。


 さすが、「experia」って人気なんだなー、


って思ったんですけど、

 いやいや、なんかおかしい^^;

うちのブログに来られる方は、本当に

 「experia」

の単語1つで検索して訪問されてるんですね。

「experia」という単語1つでうちのブログがひっかかるくらい
私は「experia」の話題に触れてないですよ。。


そこで、試しに私も、
「experia」でググってみることにしたんです。

うちのブログが何番目に表示されるのかと思ってね。


そしたら、なんと?!

うちのブログが2番目に表示されるじゃないですか?!


いやいや、おかしい!
大本のソニーエリクソンのHPを差し置いてですよ!w


これは本当に何かおかしい!と思ってよーく調べてみたら、
理由がわかりました。


スペルが間違ってるんですね、「エクスペリア」の。


エクスペリアは「experia」ではなく「xperia」なんですね。
「e」がいらないんです。


私と同じ間違えをして、
うちのブログへたどり着く人がとても多かったということでした。。


ということで、うちのブログへ漂流してきた方!
「experia」じゃありません!「xperia」です!


お気をつけください^^;

「ガラパゴス」から脱却するには?!

日本の市場ってよく「ガラパゴス」に例えられていますよね。

これは、
日本の製品は独自の進化を遂げ、優れてはいるものの
世界の市場では受け入れられていない、という揶揄です。
ことに新興国となると全く受け入れられてないのが現状です。

その原因としては、
機能や品質が過剰であり高価格であることや
その機能が新興国の人々に合っていないことが挙げられます。
ところによっては、合っていないどころか
邪魔にさえなる機能もあるようです。


そんな中、新興国市場で成功をおさめ
世界シェアを拡大している企業があります。
韓国のサムスン電子ですね。

先日、そんなサムスン電子の元常務である
吉川良三氏のセミナーを聴く機会があり
サムスン電子に見る日本企業の取るべき道について
聴講してきましたよ。

セミナーのテーマは

 「危機の経営 サムスンにみるグローバル競争力」

です。

盛りだくさんの内容でしたが、
ポイントをメモ程度にまとめておきます。

<ポイント>

◆サムスンの強み

・真のグローバル化
・技術開発をしない
・ブランディング戦略
→詳しくは下記の参考図書にも掲載


◆不況のときこそ投資

不況時になると、日本の企業はすぐにコストカットに走る。
コストカットも大事だが、それは顧客に見えることではない。
顧客第一を考えるとコストカットは意味のあることではなく
やるべきことは積極的で大胆な投資である。


◆新興国の人が高機能・高品質を望むようになったなら

新興国の人はまだ目が肥えていないので、必要以上の機能や品質を求めていない。
それでは、目が肥えてきたころに日本企業が有利になるのか?
いや、それは難しい。
そのころにはサムスンも何かしらの手を打ってくるはずだからである。
新興国の攻略に一日の長があるサムスンの方が有利であろう。


◆過剰な機能、過剰な品質からの脱却

とにかく、いらない機能は付けない。
ただしこれは、機能を削いで低価格で製品を提供すると言う意味ではない。
その人にとって、本当に必要な機能のみを搭載することを目指す。
それを日本の技術で実現する。
狙うべきは、イノベータ層と趣味人層!


◇参考図書

危機の経営 ~ サムスンを世界一企業に変えた3つのイノベーション危機の経営 ~ サムスンを世界一企業に変えた3つのイノベーション
(2009/09/17)
吉川 良三畑村 洋太郎

Amazonで詳細を見る


ITパスポートいきなり過去問!

今日もよーそろ、じんべえです!

本日からITパスポートの勉強を開始しました!

今日は、いきなりですが、
第一回目のITパスポート試験である
平成21年春の過去問を解いてみました。

ITパスポートの難易度を確かめたいのと、
ちょっとした腕試しですよ。


早速ですが、その結果はと言うと。。


100問中、

90問正解!



まぁー、合格はできそうですね^^;
なにげにモバイルシステム技術検定での知識が役に立ちまくりました☆

あとはどれだけスコアを上げれるかですね。


難易度は全体的にやさしかったですが、
ひっかけ問題というか、ちょっと難しい問題もありますね。

私が間違ってしまったのは、問89~問92の中問です。
4問中、2問も間違えてしまいまいた。不覚です。


さて、ここで、間違えた問題のテーマでもメモしておきます。

 ・BPR
 ・ジャストインタイム生産
 ・プロダクトサイクル
 ・インシデント管理
 ・情報セキュリティポリシー
 ・プラグイン
 ・ブレード型サーバ

知らない用語もいくつかありますね。。


ぼちぼち勉強していきます!


ITパスポートのテキスト入手!

今日もよーそろ、じんべえです!

友人から借りる予定だった
ITパスポートのテキストが本日届きました。

↓これ

よくわかるマスター ITパスポート試験対策テキスト 平成22年度版よくわかるマスター ITパスポート試験対策テキスト 平成22年度版
()
富士通エフ・オー・エム

Amazonで詳細を見る


ストラテジー系とか楽しそうじゃない^^
経営戦略とかもあるのねーー

私は半分、文系みたいなもんなので、
会計やマーケティングとか結構好きなんです☆

ITパスポートはこういう分野もたくさん出題されるんですねー。

楽しそ^^

俄然やる気出てきた!
試験まであと1ヶ月とちょい!
がんばりますか!

MCPCモバイルシステムコンサルタントの受講資格

今日もよーそろ、じんべえです!

MCPCモバイルシステム技術検定の最高位の資格に
シニアモバイルシステムコンサルタント(SMC)というものがあります。

こちらは指定のMSCの講座を受講し、試験に合格すればもらえます。

ただし、SMC講座には受講資格がありまして、
それは、

講座の申し込みの締め切り日が、MCPCモバイルシステム技術検定1級資格認定日(認定証の発行日)から1年以上経過していること

です。

要は、MCPC1級を取得してから1年後ってことですよ。
私は去年の2009年6月に1級を取ったから、次の2010年6月の講座は受けれますよねー。


と思ってたんですが、

どうやら無理みたいです。。


というのは、
講座の「締切日」というのがネックなんです。

講座の申込み締切日は2010年5月28日です。
ビニョーに1年に足りないんですね!


というわけで、私がモバイルシステムコンサルタントになれるのは
もう少し先のようです。。

その次のMSC講座は12月くらいかなぁ。
まだまだですね^^;

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。