2008年11月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2008/11/30 【第一級陸上無線技術士】参考書紹介1ー無線工学の基礎編
  3. 2008/11/28 【第一級陸上無線技術士】受験体験記2ー勉強法編
  4. 2008/11/26 【第一級陸上無線技術士】受験体験記1-動機編-
  5. 2008/11/25 【第一級陸上無線技術士】資格の紹介
  6. 2008/11/24 自己紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第一級陸上無線技術士】参考書紹介1ー無線工学の基礎編

私が一陸技の勉強に用いたテキストを
4つの科目別に紹介しましょう。

今回は「無線工学の基礎」に用いたテキストです。


「無線工学の基礎」対策編


◇ 1・2陸技受験教室① 無線工学の基礎

1・2級陸技受験教室〈1〉無線工学の基礎1・2級陸技受験教室〈1〉無線工学の基礎
(2007/10)
安達 宏司

Amazonで詳細を見る

オススメ度★★★☆☆
[公式など良くまとまっていて出題の要点は押さえている]

一陸技のテキストとしては本シリーズが一番メジャーだと思います。
非常に良くまとまっており、
試験の出題の要点を把握するのにはとても良いと思います。

ただ、「これはこういうものだ」と言わんばかりに、
結果しか示されておらず、なぜそうなのかということか書かれていないため、
当時、無線素人の私には読んでも理解できない部分が多かったです。

 ある程度の学習を終えて、確認に使うテキストとしてはおすすめです。

「無線工学の基礎」の初期段階の学習としては、
下記のテキストなどを参照すれば良いと思います。



◇ 理系なら知っておきたい物理の基本ノート[電磁気学編]

理系なら知っておきたい物理の基本ノート 電磁気学編理系なら知っておきたい物理の基本ノート 電磁気学編
(2004/08)
為近 和彦

Amazonで詳細を見る

オススメ度★★★★★
[素人にも身近な静電気の話からマクスウェルの方程式まで]


私は一陸技の学習をはじめた当時、
無線の分野は全くの素人で高校物理から勉強しました。
そのとき使ったのが本テキストです。

電磁気学の基礎の根本原理を素人向けに解説されており、
すんなり読み始めることができます。
クーロンの法則、ガウスの法則など、
1つ1つ丁寧に根本から解説されているため、途中でつまずくことも無く、
いつの間にかマクスウェルの方程式まで理解できてしまいます。


文字も大きく、テキストも薄いので、
軽い気持ちで読めるのですが、内容は濃いです。

読み物としても面白く、何度も読み返しています☆



◇ アナログ電子回路-集積回路時代の-

アナログ電子回路―集積回路化時代のアナログ電子回路―集積回路化時代の
(1988/04)
藤井 信生

Amazonで詳細を見る

オススメ度★★★☆☆
[式の導出過程も示されており、わかりやすい]


たまたま友人が大学の講義で使っていたテキストで、
無線工学の基礎の勉強に使えそうだったので譲ってもらいました。
しかし、これがなかなかの名著でした。

原理・原則がよく解説されているため、
半導体、トランジスタ、等価回路など
電子回路について大変よく理解できました。

私の持っているテキストで42刷なので、やはり名著なんだと思います。
ただ、少し高度です。

初心者の方には同著者の別著である

 なっとくする電子回路

をおすすめします。
本書は感覚的にもわかりやすく、
独学の私でも容易に読み進めることができました。
「アナログ電子回路」を使う前に読む本として最適です。



「無線工学の基礎」に用いたテキストは以上の3つです。

「無線工学の基礎」の勉強は問題集を基本とし、
テキストは必要に応じて参照するのが良いと思います。
問題集についてはまた後日ご紹介しましょう。

次回は、無線工学Bに用いたテキストをご紹介します。


 ◆「無線工学B」対策テキストの紹介へ
 

にほんブログ村 資格ブログへ
いつも応援ありがとうございます!

スポンサーサイト

【第一級陸上無線技術士】受験体験記2ー勉強法編

私の合格のポイントは2つあります。。。


資格紹介のブログでも書きましたが、
「一陸技」は4つの科目に合格すれば取得できます。
4つの科目の一般的な難易度は、次の順番となっています。

  1。無線工学B
 ↑ 2。無線工学A
 ↓ 3。無線工学の基礎
  4。法規


さて、ここで私の受験履歴を紹介しましょう。

 2004年7月、
  一回目の試験 無線工学B,無線工学Aの2つの科目に合格
 2005年1月、
  二回目の試験 無線工学の基礎,法規も合格 → 一陸技合格


という結果です。なんと、
一回目の受験で難しいと言われている2つの科目に合格してしまったのです!


前回の受験動機を紹介したブログでは、
大学3回生の秋にゼロから勉強を始め、1年と数ヶ月で合格した、
と書いたのですが、
一回目の試験で、難しい上位2つの科目に合格したため、
二回目の試験では、試験の1ヶ月前からしか勉強していません。

つまり、実際には、
半年と数ヶ月の勉強期間で一陸技に合格したということになります。


無線素人の私が短期間で合格できた理由を、いま振り返ってみると、
次のつのことをしたのが良かったのだと思います。

 ・同じ資格を目指す勉強仲間を作ったこと
 ・過去問を解きまくったこと


まず、合格のポイント1つめ、「勉強仲間を作る」について書きましょう。


◆勉強仲間を作る

これは資格の勉強に限られることではありませんが、
最高の勉強法は人に教えることです。

効率的な勉強方法として、
インプットしたことをアウトプットすることが良いと言われていますが、
(詳しくは別の機会に紹介します)
人に教えたことはかなりの確率で脳に定着します。

また人に教えることを前提に勉強すると、
インプットの効率が半端ありません!
人に教えるためには中途半端な理解では無理なので、
しっかり理解しようと思って勉強するからです。


3回生の秋、
私はアンテナ研究室の同期8人で一陸技を目指すことになりました。
実際には、はじめは1つ下級の資格「二陸技」を目指していました。

具体的な勉強方法としては、まず8人全員で、
「合格精選300題第二級陸上無線技術士試験問題集」
という問題集を購入しました。
そして毎日、図書館の個別室などに集合し、
問題集から1人1問ずつ講義形式で解説していくという方式を採りました。

自分が講義を担当する問題は、
みんなによく理解してもらおうと思って勉強するため、
完全に理解することができました。
また、同じ境遇の人が解説してくれた問題は、
案外、はっきりと記憶に残ったのです。

それに、
それぞれの講義にみんなの性格が表れており、楽しくもありましたよ^^



そんなこんなでやってるうちに、
4回生へ上がる頃には、問題集も一通り解き終わっており、
8人全員が、二陸技は十分受かるレベルに達していました。
そこで、一回目の7月の試験では二陸技を受けるのではなく、
一陸技を受けようということになったのです。

 一緒に勉強する仲間がいない、という人も
 人に教えるつもりで勉強に取り組んでください。
 それだけでも理解力は飛躍的に上昇しますよ☆



◆過去問を解きまくる

4回生になってからは、
「無線従事者国家試験問題解答集 第一級陸上無線技術士」
という問題集を買い、これをひたすら解きまくるという方法を採りました。
(この問題集は5年分(10回分)と多くの過去問が入っており、かなり良かったです)

ここではもう、講義形式で教えあうという方法はやめていましたが、
必要に応じて教えあったり、また、励ましあって勉強していました。

それではここからは、
合格のポイント2つめ「過去問を解きまくる」について書いていきましょう。


この段階ではもう、
いちいち色々なテキストを読んで勉強することはありません。

本当にただひたすらに問題集の過去問を解いて、解説を読むだけです。
解説を読むだけでは理解できない問題もあるのですが、
別の年の過去問で似たような問題が出てきたりすることもあり、
何度も解いていると、それだけで理解できるようになってくるのです。


本当に過去問を解きまくるだけです。


問題と解説をノートにまとめるといった作業もしてはいけません。
無駄に時間がかかってしまうからです。
ある程度の基礎力がついた段階では、
ノートにまとめる時間があるくらいなら、
その時間で同じ問題を何度も解きなおす方が理解力が上がると思います。

そして幸いにして、
一陸技では過去問から半分くらい問題が出ているのです。

他の方の一陸技合格体験記を読んでみても、
ほとんどの方が過去問を解いたことが良かったと言っています。


さて、このように勉強をすすめてきた私たち8人ですが、
結果は、どうなったかといいますと、


  一回目の試験で1人合格、
  二回目の試験で2人合格、(←私はここ)
  三回目の試験で3人合格、



という結果です。

残念ながら、脱落者が2人いるのですが、
一人は家庭の事情で大学をやめてしまった方です。
もう一人は、もともと一陸技にあまり興味がなく、
試験を受けるのやめてしまいました。

ともあれ、
合格を目指した6人は2年とかからずに全員合格できました。

しかも、
三回目で合格した3人は、勉強が丁寧すぎで、
1問1問ノートにまとめたり、しっかりとテキストで確認していた3人です。
もっと過去問を解きまくるという作業に専念していれば、
さらに早期で合格できていたと思います。


↓こちらが一陸技免許
一陸技免許


合格体験記は以上です。

以下のリンクでは、私が一陸技の勉強に使ったテキストを紹介しています。
こちらもご参考にどうぞ☆

【参考書紹介】無線工学の基礎編

【参考書紹介】無線工学B編

【参考書紹介】無線工学A&法規編

【参考書紹介】問題集編


にほんブログ村 資格ブログへ
いつも応援ありがとうございます!

【第一級陸上無線技術士】受験体験記1-動機編-

一陸技を受けようと思った動機

まずは、受験動機でも書いておこうと思います。

私は、いまでこそケータイのアンテナ開発なぞをやっていますが、
もともと電波やアンテナとは無縁で、
大学では情報学(IT系)を学んでいました。

転機は大学3回生の秋です。
うちの大学では3回生のとき、研究室への配属が決まるのですが、
当時、私はどの研究室へ入ったものかと、かなり迷っていました。
データベース系やネットワーク系の研究室にでも入って、
将来はプログラマーかSEにでもなろうかと思っていました。


しかしながら、悩んでいるうちにあることに気づきました。
今後、そういったIT職でのし上がっていこうとすると、
どういった人たちがライバルになるのか。
中国インドなどの新興国のIT技術者の方々です。

IT系の勉強や仕事をしようと思うと、
最低でもパソコン1つあれば足り、コストもかからないため、
途上国の人たちはこぞってこの分野に進出してきます。
また、彼ら(特にインド人)は英語も堪能で、
数学力も半端ないです^^;
そして、ハングリー精神も旺盛だと聞きます。
将来、世界へ出てIT職で活躍しようと考えたら、
こりゃあ分が悪いと感じたわけです。


そういった観点で研究室を探したとき、
うちの大学にアンテナをテーマとした研究室があることを知りました。
そして、アンテナの研究をしていくには、
高価な設備(ネットワークアナライザ電波暗室など)が
必要であることも知りました。
設備が高価すぎるため、国内の大学でも
アンテナをテーマのとした研究室は少ないようです。


「これだ!!」


アンテナ技術者が少ないということに、アンテナの将来性を見込んだのです。
また、まったく知らない分野の研究をしていくことで、
自分の視野も広がっていくのではないかとも考えました。

こうして、心機一転、未知の分野に飛び込んだのです!

ゼロから学習していくのに利用したのが、
「第一級陸上無線技術士」の取得だったわけです。


さて、つらつらと受験の動機を書いてきましたが、
何が言いたかったかというと、
私は結果、
2回の受験を経て4回生の冬に「一陸技」に合格することができたのです。
ゼロからはじめて1年と数ヶ月での合格です。

情報学を専攻していた私は、いちおう理系だったといえども、
情報学は数学や物理とほぼ無縁なため、大変に苦労しました。
勉強は高校物理から始めたほどです。


次回は、そんな私がどのようにして合格したか、
合格までの経過や学習法などを紹介します。


【一陸技受験体験記】勉強編はこちら


にほんブログ村 資格ブログへ
いつも応援ありがとうございます!

【第一級陸上無線技術士】資格の紹介

おすすめ度

★★★★★
無線関係の仕事に就きたいなら絶対おすすめできます!
私も仕事に大いに役立ててます。満点の☆5つ


資格概要

無線技術士での最高峰の資格。

通称「一陸技」または「一技」と呼ばれています。
ぼくらの間では「一陸技」と呼んでいました。

無線通信に用いる設備の技術操作を行うための資格で、
一陸技を持っていないと、就けない職や書けない書類などがあります。
放送局や通信事業者では一陸技の取得者がいないと運営できないため、
本資格を持っていれば、放送業界・通信業界への就職には有利です。

無線通信士での最高峰の資格「第一級総合無線通信士」
も取得すれば、無線関係では最強となれます。

ちなみに、NHKの技術職では、全員、
入社後に一陸技と取らされるとういううわさを聞いたことがあります。
(真偽は確かではないので、あしからず)
まぁ、それほど一陸技を持っていれば放送業界では有利ということですね☆


難易度

初級シスアドが1、技術士が5なら
一陸技はくらいかな
4と5の差は大きい気はしますが。。。

昔は記述式の試験でかなり難しかったようですが、
現在はマークシートの選択式になっており比較的易しくなっているようです。
記述時代に一陸技を取られた研究室の先生がそうおっしゃっておりました。


試験概要

一陸技では下記の4科目を3年間で合格すれば合格です。(科目合格有効が3年間)

 ・無線工学の基礎
 ・無線工学A
 ・無線工学B
 ・法規


最難関は無線工学Bみたいですが、
個人的には無線工学Aが一番難しかったです。
無線工学Aは暗記の嵐なので。。。


試験は毎年7月と1月の年2回となっております。
ただ、しかし、なぜか、試験日は平日なのです。
会社勤めの方は有休と取って受けに行かないといけませんね^^;
有休をわざわざ取ったのに落ちてしまったら悲しいですよ。。。

ということで、一陸技を取ろうと思っている学生さんは、
学生のうちに取っておくことをおすすめします。

ただし、大学生のみなさんは要注意です!
期末の試験にかぶってくる可能性があります。
私も一陸技の試験のために、大学の試験をあきらめました^^;
受験料は13950円。
国家資格にしてはちょい高め。
何科目受けても13950円なので、
一発で全科目合格するのがお得です。
(1科目受けても4科目受けても同じ13900円ってこと☆)


合格率

合格率はだいたい
10%~15%のようです。
かなり低めですが、2桁はあるのでがんばりましょう^^;


以上、一陸技の資格の概要でした。

私の一陸技の受験体験記や、
一陸技の勉強のために使ったテキストの紹介も
別のブログにまとめています。

下記のリンクからどうぞ^^


↓私の一陸技受験体験記はこちら

【一陸技受験体験記】受験動機編

【一陸技受験体験記】勉強方法編


↓私が一陸技勉強で使ったテキストの紹介はこちら

【参考書紹介】無線工学の基礎編

【参考書紹介】無線工学B編

【参考書紹介】無線工学A&法規編

【参考書紹介】問題集編


にほんブログ村 資格ブログへ
いつも応援ありがとうございます!

自己紹介


はじめまして。「じんべえ」といいます☆

職業はモバイルアンテナデザイナー。
つまりモバイル機器のアンテナ設計を生業にしています。
いまはメーカで携帯電話のアンテナを開発する日々です。

趣味は資格ゲット!

大学1回生のとき「初級シスアド」という資格を取得し、
資格ゲットに目覚めてしまいました。
以来、1年に1つ以上の資格ゲットを目指し、日々奮闘しています。

最終的には「技術士(電気電子)」を目指します!
(平成22年度、念願の技術士に合格できました!)

過去に取得した資格は、
◇初級システムアドミニストレータ(2001年)
◇基本情報技術者(2002年)
◇AFP(Affiliated Financial Planner)(2003年)
◇2級ファイナンシャルプランナー技能士(2003年)
◇第一級陸上無線技術士(2005年)
◇知的財産検定2級(2005年)
◇ソフトウェア開発技術者(2006年)
◇実用英語技能検定2級(2007年)
◇日商簿記検定3級(2007年)
◇技術士補(電気電子)(2007年)
◇MCPCモバイルシステム技術検定2級(2008年)
◇MCPCモバイルシステム技術検定1級(2009年)
◇ITパスポート880点(2010年)
◇eco検定(2010年)
◇MCPCシニアモバイルシステムコンサルタント(2010年)
◇技術士(電気電子)(2011年)
◇TOEIC795点(2011年)
◇IEEE WCP(Wireless Communication Professional) (2013年)



その他に趣味は水族館めぐりがあります。

これまで訪れた水族館は、
・美ら海水族館(沖縄)
・うみたまご水族館(大分)
・マリンワールド海の中道(福岡)
・新屋島水族館(香川)     
・海響館(山口)       
・宮島水族館(広島)     
・海洋館アクアス(島根)   
・海遊館(大阪)       
・須磨海浜水族園(兵庫)   
・京都大学白浜水族館(和歌山)
・琵琶湖博物館(滋賀)    
・越前松島水族館(福井)   
・名古屋港水族館(愛知)
・新江ノ島水族館(神奈川)  
・八景島シーパラダイス(神奈川)
・箱根園水族館(神奈川)
・東京タワー水族館(東京)   
・葛西臨海水族園(東京)    
・エプソン品川アクアスタジアム(東京)
・品川水族館(東京)        
・池袋サンシャイン水族館(東京)
・鴨川シーワールド(千葉)     
・登別マリンパークニクス(北海道) 
・サンピアザ水族館(北海道)
・おたる水族館(北海道)    
・Waikiki Aquarium(Hawaii)     
・Sydney Aquarium(Sydney)

夢は世界の水族館を制覇すること!!

今一番行きたい水族館は、すみだ水族館です。
ウミウシ見たい^ ^


ではでは、どうぞよろしくお願いします☆


(更新日:2013年11月27日)

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。