IEEE WCET検定

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2013/12/06 【IEEE WCET】2回目受験、合否発表!
  3. 2013/05/10 【IEEE WCET】お試し受験してきました
  4. 2011/08/31 IEEE WCET検定の申込み締切り迫る!
  5. 2011/01/21 IEEE WCET検定のハンドブックを取寄せた!
  6. 2011/01/17 IEEE WCET検定とMCPC検定の関係

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IEEE WCET】2回目受験、合否発表!

春期に受け不合格だったWCET検定、秋期に再受験してきました!
前回は不合格でしたがお試し受験だったので今回が初の本気受験です!
落ちるわけにはいきません!(受験料も高いし。。)


そして、
その結果とスコアがつい先日届きましたので公開します!


 ↓これ

写真 (2)


Congratulations!

ということで、合格しましたあ^^
これでIEEEよりWCP(Wireless Communication Professional)に認定されますv

この試験では、
最高点800点、最低点200点の範囲で、500点の獲得で合格となります。

それで私のスコアは、546点!合格ですね!!

この試験では7科目あり、それぞれのスコアも公表されます。
各科目も200〜800点で採点され、
各科目のスコアに重み付けをして平均したものが500点を超えれば合格!というわけですね。

私のスコアの中身を詳しく見ていると、
7科目中、及第点の500を超えているのは3科目だけですね^^;

今回、合格できたのは比重の高い科目で高得点が取れたことが勝因ですね。
それでも一番の専門のAntennaを含む科目が495と500に届いていなかったのは悔しいです。。


さてさて、参考に前回の不合格だったときのスコアも公開しておきます。

 ↓これ

写真 (1)


うーん、比べてみるとなかなか興味深いですね。
勉強をしたのでほとんどの科目で得点は上がっていますが、
一切勉強をしなかったFacilities Infrastructureは前回と全く同じスコアですね。

それだけ、実力を正確に測れる優良な試験、ということですかね。

スポンサーサイト

【IEEE WCET】お試し受験してきました

今日もよーそろ、じんべえです!

先日、WCET検定を受験してきました!

WCETとは、Wireless Communication Engineering Technologies Certification Programを意味しており、
IEEEが認定している無線技術者(モバイルエンジニア)向けの国際資格検定です。
なのでもちろん問題文はすべて英語です。
合格するとWCP(Wireless Communication Professional)という資格がもらえます。
いわゆるCBT(Computer Based Testing)の試験であり、試験会場にてPC上で受験します。

わりと新設の資格なため、IEEEというビッグネームにもかかわらず
まだ世界中で120名程度の合格者しかいないそうです。


さてさて、今回はお試し受験であり、おそらく不合格だろうということで
次の受験のためにも受験の感想として備忘録をまとめておきたいと思います。

まず案の定、試験時間がめっちゃ長かったです。そして問題数が多いです。
WCETは4時間で165問に答えるというなかなか鬼畜の試験です。
240分だから一問につき1分はかけられますが、2分はかけられません。
計算問題が結構あるので、じっくり計算してると時間が足りなってしまいます。
あらかじめ計算問題に慣れておく必要がありますねえ。
回答をしてない問題には後から戻れるので(回答していない問題だけを表示できるので)、
計算問題は後回しにするのもありかも。

また、論述式の試験ならまだしも、すべて選択問題であるため、
3時間経過したあたりからさすがに集中力がなくなってきました。
計算問題に時間を掛けすぎたせいで、時間も足りなくなり、
焦りも加わって問題文の英語が理解できなくなってしまいました。
あまり英語が得意でないなら模試などを受けて英語の問題文に慣れておいた方が良いですね。

長時間の試験ですが、途中退出してトイレに行ったりすることは可能でした。
ただしその間、時計は止まることは無く、試験時間は経過していきます。
しかもセキュリティが妙に厳重で試験会場を入退出するのにも
荷物チェックや指紋認証などの手続きがあるため結構な時間をロスしてしまいます。
できればトイレにはいかない方が良いです。

試験前にトイレに行った方がいいですが、
できれば試験の受付をする前にトイレに行っておいた方が良いですね。
私の場合は受付後あれよこれよという間に試験会場に入室させられ、
あっという間にPCの前に座らされてしまいました。
試験は自分のタイミングで始められるのですが、
退室してトイレに行こうとすると例の入退室手続きをしないといけないので面倒いです。

試験内容については、モバイルの端末側とネットワーク側でいうと
ネットワーク側の問題が多いですね。
同じモバイルエンジニア向けのMCPCのモバイルシステム技術検定は
どちらかというと端末側の試験なので、MCPCを取っているからといって楽ではないです。
端末メーカ勤めの私にとっては厳しかったですねえ。

あわよくば勉強しなくても受かるかなあと思ってましたが、甘かったです。
次回はちゃんと勉強してぜひ合格したいですね!!

IEEE WCET検定の申込み締切り迫る!

今日もよーそろ、じんべえです!

IEEE WCET(Wireless Communication Engineering Technology)検定の
2011年秋期の申込期限が9/2と迫っております。

7000円もするテキストを買ってはいるんですが、
まだほとんど勉強できていないため、申込みに躊躇しています。

受験料が安ければ、何もためらわずお試し受験するのですが
それが47,000円ときています。
しかも、受験地が東京,大阪,神奈川の3都市しかないので
交通費もバカになりません。

申込みをして落ちたらシャレにならない金額なので
申込むかどうか、悩んでおります。。

IEEE WCET検定のハンドブックを取寄せた!

今日もよーそろ、じんべえです!

IEEE WCET検定のハンドブック(パンフレットみたいなやつ)が
提携しているMCPCから取寄せられるということで、さっそく取寄せてみました。


 ↓届いたのがこれ


WCET Handbook1


70ページくらいあって全部英語でびっしり書いてありました。
ちょっと読む気しません^^;


けれども
サンプル問題が掲載されていたのは嬉しかったです。

早速やってみましたよ。

やってみた感想は、、
なかなか難しいよ^^;


WCET handbook2
(見難くてごめんなさい。。)


さすがに勉強しないと無理ですね。

しかし、英語は難しくないです。
やはり専門分野の英語はわかるものですね。


ま、おいおい頑張ります。

IEEE WCET検定とMCPC検定の関係

今日もよーそろ、じんべえです!

私がいま興味津々の資格、IEEE WCET検定(Wireless Communication Engineering Technologies検定)について
今月号の「月刊テレコミュニケーション」に記事が掲載されていたので紹介します。

改めて、WCETとは何ぞや?というところを抜粋します。


WCETは、米国電気・電子学会(IEEE)のComSoc(Communications Society)が2008年から米国を中心に世界各国で実施するWireless Communicationの高度な理論と実践に関する技術検定試験である。ワイヤレス関連の研究者や設計者、標準仕様策定関係者などに最適で、これまで約100人が合格している。

(少ない!w)

モバイルシステム技術検定を実施するMCPCはIEEE ComSocと提携をしており、
相互の試験制度と内容を評価し、補完関係にあることを確認した。


      ↓補完関係はこんなかんじ


MCPCとWCET


WCETの試験問題は四者択一の165問で、試験時間は4時間である。
以下の7分野から英語で出題される。

1 RF技術、伝播とアンテナ
2 無線アクセス技術
3 ネットワークとサービスアーキテクチャ
4 ネットワークマネジメントとセキュリティ
5 設備
6 合意の仕方、標準化、政策、規則
7 基礎知識

春・秋2回、
東京2箇所、横浜、大阪の計4箇所で実施される。

受験料は、
MCPC会員企業の社員は、4万2000円、
その他が、4万7000円である。

2011年からMCPCホームページで申込みを受け付ける!

テキスト「WEBOK」を7000円で販売する。



こうやって、MCPC検定との関係や出題分野を見ると
ケータイアンテナ開発者の私にはMCPCよりWCETの方が向いている気がしますね^^;

俄然、WCETに興味が沸いてきますね!

今年、秋の合格を目指してがんばろうかと思います☆

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。